Ho.runeの話。

2019/11/06
Images?version=thumb
こんにちは!
段々寒くなってきましたが、日差しはとても暑いですね。朝晩はあんなに寒いのに…。
今日は題名通りHo.runeの話をしたいと思います。

昔の下書きは色は付けずに色の名前だけ指定していました。
頭の中で想像してぶっつけ本番をしていました。今思うと何故そんなことが出来たのか…驚きです…💦

最初は頭の上には家を作る予定でしたが、家ではなく王冠にクローバーが入った形となりました。

森が大好きで毎日行ったruneは森の王様に認められて王冠を貰い森の一員になれる様に角まで生やしてしまいます。でも、森も大好きだけど家も大好きなruneは困ってしまいます。
その森から帰って来た所のruneを作ってみました。
困惑と憂鬱さを混ぜたような表情。
角が生えちゃってお母さんにどう言おうか…という物語です。

この作品は始めて頭部、髪の毛と顔を切り離して作りました。
服装も靴も色使いもちょっと違う感じにしてみた挑戦作なのです。

この時点でこの子に睫毛をつけるか悩みましたが最終的には付ける事にしました。

この人形はとても気に入ったのでもう1体小さいruneを作りました。

runeの話は短いですがこれで終わりです。

読んでいただきありがとうございました!

Hello!
It gets cold and the sun is very hot. Very cold in the morning and evening ...
Today I would like to talk about Ho.rune as the title says.

In the old idea sketch, only the color name was specified without color.
I imagined it in my head and did it. I was surprised why I could do it now ... 💦

At first, I intended to make a house on my head, but instead of the house, it had a clover on the crown.

Rene who loves the forest and goes every day is recognized by the king of the forest and gets a crown to become a member of the forest. But René, who loves the forest but loves the house, is in trouble.
I made a scene of Rene returning from the forest.
An expression that mixes confusion and depression.
What about this because the horn has grown?
This is a story about how to tell mom.

This work was made for the first time by separating the head, hair and face.
This is a challenging piece of clothing, shoes, and colors.

At this point I was worried about putting eyelashes on this child, but I finally decided to do it.

I really liked this doll, so I made another René.

Rene's story is short, but it ends.

thank you for reading!
 

コメントする