ロンドン制作日記 第12弾

2019/03/19
Images?version=thumb
皆さんご無沙汰しております。
最近はFinal Projectの作品制作中ということもあり投稿が滞っておりましたが、今回の制作日記ではこのFinal Projectの途中経過をお見せしていきたいと思います。

私が考えている作品のコンセプトは、『自然と人工との環境バランス』です。
ロンドンに来てから日本との違いを感じることが多くあり、特に自然との距離感には大きな違いが見られます。その違いとは、都心にある公園の数やその大きさです。日本に比べロンドンには、都心にも関わらず広大で緑豊かな自然がたくさんあり市内中央にはテムズ川も流れているため、休日や平日のお昼であっても近くの公園や川岸でランチが出来たりお昼寝やお散歩が出来たりと自然に密接した環境があります。一方日本では、新宿御苑や代々木公園などの比較的大きめな公園があるものの、生活空間とは少し切り離されているように感じます。そこで私は、より自然との距離を縮め2つの環境の間に存在するボーダーラインを取り除くことで、お互いを協調するような共生環境が生み出せないかと考えました。

以下の写真は、上記のコンセプトを基にした3種類のマケットです。





主に、それぞれの環境を象徴するような素材である土やセメントを組み合わせて作っております。

さらに、今回の作品ではこちらを使ってみたいと思います。



・・・本物の植物です!
一体どのようなものが出来上がるのでしょうか?

最終的な作品形式としては、少し大きめのインスタレーション作品にする予定です!

お楽しみに!!!


《展示情報》
Foundation Diploma in Art and Design 卒業制作展

[会場] Camberwell College of Arts : Foundation Centre
1 Wilson Road, London, SE5 8LU

[開催日時]
13th  May : 
VIP Private View 17:30-18:00
                        Private View 18:00-21:00
14th - 17th May : 10:00-20:00




最後までお読みいただきありがとうございました!
よろしければフォロー・コメントよろしくお願いいたします!
また次回の投稿をお楽しみに!

(※ロンドンの美術事情や生活についてなどなど取り上げてもらいたいというトピックがありましたらコメントで教えてください!質問も受け付けておりますのでメッセージお待ちしております!)

コメントする