ロンドン制作日記 特別編 ーサウジアラビアー

2018/12/09
Images?version=thumb
皆さんこんばんは!
今回は以前訪れたサウジアラビアについてお話ししたいと思います。

サウジアラビアは中東・西アジアにある国で、首都はリヤドです。
サウード家を国王とする絶対君主制国家で、世界2位の石油埋蔵量をもっています。
G20にアラブ諸国で唯一加盟している国家です。

なぜにサウジアラビアに行ったんだ?というかそもそも行けるの?と思う方もいるかと思いますので、そこから話したいと思います。

現在サウジアラビアは、観光ビザがなく普通に行くことは厳しい状況にあります。(過去に観光ビザが発行された時期もありますが今は発行されていません。)
ではなぜ行けたのか・・・それは、友達がいたからです!
サウジアラビアが発行しているビザの中にPersonal Visit Visa(個人訪問ビザ)があります。
え?それじゃ普通に行けるんじゃないの?とお思いでしょうが、そんなことはありません。
外務省にビザ発行の許可証をもらわなければならず、国内に知人や友達がいないと厳しいんです。泣
なので、今回は友達にビザの発行に協力してもらい行く事が出来ました。

そして理由は、リヤドで行われたアートイベントMisk Art 2018に参加するためです。


サウジアラビアの中ではとても大きなアートイベントで、中東を中心に様々なアーティストが作品を展示していました。全てを紹介することは出来ませんが、一部を紹介したいと思います。

このような絵画作品やカリグラフィー


ライブペインティングパフォーマンスや彫刻作品

などなど他にも様々な展示があり、出展しているアーティストやギャラリーの関係者と話す事が出来たり非常に充実した時間を過ごす事が出来ました。
来年こそは、このイベントにブース出展できるよう頑張っていきたいと思います!

目的を果たした後はリヤドの色んな場所に案内してもらいました。その一部を紹介します。
<動物シリーズ>



リヤド郊外では、ラクダなど砂漠地帯ならではの動物を見る事が出来ます。馬の飼育も盛んで、美しい馬を育てコンテストに出場させたりしています。
<食シリーズ>


日本食やサウジの伝統料理を食べてきました。どれも美味しくいただきました!
<伝統衣装トゥーベ体験>


なかなか着る機会がないだろう伝統衣装を身に纏いリヤドの中心へ・・・
物の見事に多くの方に撮られました!笑 珍しかったんでしょうね。
<景色シリーズ>




中心はかなり近代的で高層ビルが多く立ち並んでいますが、郊外に行くと砂漠地帯が目立ち地平線が見えるんじゃないかというほど何もないところもあります。
<ギャラリーシリーズ>


この写真のギャラリーは洋服店やカフェと併設されているPersonageというところです。独特なスタイルの作品が展示されており、非常に楽しく観れました。

初めて中東地域に足を運び、イスラムの文化に触れたり現地の人たちと触れ合う事で多くの経験をする事が出来ました。右手で食事をする文化には残念ながら馴染めませんでした。笑
(あれ結構難しいです!トライしたけど全然上手く食べれなかった!)
とても良い時間を過ごさせていただきました。非常に楽しくて、またチャンスがあれば行きたいです!

是非皆さんも中東地域に行ってみてはどうでしょうか?
新しい刺激が待ってますよ!

コメントする