ロンドン制作日記 第8弾

2018/11/17
Images?version=thumb
皆さんいつもご覧いただきありがとうございます!

第8弾では、前回の作品を利用して制作した作品を紹介します。
つい先程、講評を終えて帰ってきた所です。笑

テーマは前回と同じく『自然と人間のつながり』、今回は環境保全について言及しています。
私たちが日々生活を送る中で、触れる機会がなくなってきた自然との関係は徐々に希薄になってきました。
この写真をご覧ください。
こちらは以前訪れたサウジアラビアで見た風景です。

このように、私たちの生活から離れていった自然は悲しい現実を見せています。
私は作品を通して、この現実に対して少しでも考える機会を作ってもらいたいと考えました。
そこで、この風景をアトリエの中でできる限り再現するという試みをしました。
こちらがその作品です。



普段使う日用品やBBQの時などに使うような木やヒモやワイヤーなどを使い、粘土をしっかり固めて作ったひび割れた地面に配置しました。さらに、その硬くなった粘土をヤスリにかけて粉状にすることで、サウジアラビアの乾いた大地を思わせるような砂の混じった地面に仕上げました。

私たちは日々残酷な仕打ちをしていることを目に止めなければなりません。
写真にあるようにラクダなどの生物が、私たちが不法投棄したゴミを誤飲してしまう可能性があります。
それ以外にも、自然に回帰しない鉄やコンクリートのような人工物は永遠に残り続けるため、私たちは責任を持って処分しなければいけません。
他の生物や自然と共存して生きている今日、我々は如何にして生活を送ればいいのか、今一度考えてみましょう。


よろしければ今後の参考のために意見をお聞かせください!
下の方にあるコメント欄に感想などを書き込んでくださるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。


⭐️お知らせ⭐️

今回サウジアラビアで行われたMisk Art 2018を訪れた際のインタビューがDESTINATIONで掲載されました。
英語ではありますが、是非ご覧ください。
↓↓↓リンク↓↓↓
https://destinationksa.com/seeking-connection-through-art/

さらに、中東で有名なアルジャジーラにも掲載してもらいましたのでこちらも写真を載せます。
アラビア語ですのでGoogle翻訳を使ってお読みください!笑


ご協力していただいたPersonageのMs.Zahraと親友のFaisalに感謝します。


私の活動に興味を持ってくださった方は是非活動支援をお願いいたします。
ご支援をしてくださった方限定で、制作の裏側の投稿をご覧いただくことができます。さらに、支援金額に応じてオリジナル作品を制作したり、展覧会が開かれた際にはSpecial thanksとしてDMにお名前が載るなどの特典もございます。
これからも制作活動に力を入れてまいりますので、次回の投稿をお楽しみに!

コメントする