「優勝したので偉そうにアートバトルに向けた作戦を晒しちゃいます!!!!!」

2018/08/22
Images?version=thumb

8月19日大阪KUROMONにてアートバトルが行われ、とても楽しいイベントになりました。

そしてそのアートバトルで僕が優勝しました!
そのアートバトルに向けて立ててた作戦について偉そうに長々と解説したいと思います。
この作戦は勝つための作戦では無く、どうやったら対戦者さんとコラボして盛り上げてお客さんを楽しませられるか考えた作戦です。
・対戦者
・パフォーマンス
・絵のコンセプト
この3つを考えアートバトルをしました。

【対戦者】
2人で前に出て描いてるのだから、1人の作品ではなく2つがあってこそのアート作品。
絵は即興で描きましたけど、相手に合わせて僕の中でテーマを変えて描く予定を立てていました。なので頭の中には3枚の絵のテーマを決めてありました。
絵青さんは、画力と少しの仕掛けで勝負してくると思っていたので、僕はストーリー性と仕掛けのある絵を考えていました。
ひろじさんは文字を書く方なのでメッセージ性のある作品を披露されると思ったので、僕もメッセージ性が強くお客さんの捉え方に委ねる絵を考えていました。
太陽さんは画力と構図が素晴らしい作品を普段から描かれているので、僕も画力と構図にストーリー性をプラスした絵を描こうと思ってました。
勝つためでは無く見てて楽しめてお客さんが楽しく作品をフェアに見て欲しかったので考えた作戦です。

【パフォーマンス】
今回はライブペイントでしたので、いかにライブ感を出すか考えました。そのために大阪に画材を持たず手ぶらで行って、アートバトルで使われるボードを触って確かめてから画材を選びました。画材選びからパフォーマンスは始まってたのです。

ボードの素材の名前は忘れましたがw
触ると滑りやすく水を吸収しにくい素材でした。そのボードに1番最適な画材はアクリル絵の具とそして「手」でした。これは油絵の手法でもあるんですが手を使うことでキャンバスにちょうどよく手の油が乗り絵の具が綺麗にキャンバスにつくようになるんです。手で描くというパフォーマンス性も加わり見てて楽しい描き方ができたと思います。

そしてもっとライブ感を出して本当に即興で描いてるように見せる工夫が欲しかったので会場の近くで買ったジュースのペットボトルをバケツ代わりにしたり、食事のために用意された割り箸を使ってライブペイントを行いました。

そして1回戦目では、パフォーマンスに使える物の情報を集めてました。実はお客さんの座ってる人と立ってる人の目線の違い、音楽の曲調やDJさんの音楽の好みを確認しながら書いていました。

音楽がただのEDMでは無いこと、日本人好みの曲やバラード調なテクノを流していたので決勝では音楽に合わせて描こうと決めました。

ライブペイントというのは全くと言っていいほど絵の勝負では無いんですよね。9割はパフォーマンス力の勝負です。もし絵の勝負で完成された絵を見せるだけのバトルだったら僕の描いた絵は負けてました。

【作品のコンセプト】
1回戦目、
最初に小さな島と小さな海を指だけで仕上げました。きっとこのときは対戦相手やお客さんはそんな絵で勝負するのかな?って思ったかもしれませんねw
時計を見ながら大体10分を数えて相手の絵も見えてきた頃に、秘密兵器のローラーを取り出して豪快に薄いだいだい色をボードに塗り出しました。
この時のお客さんの驚いたり、楽しんでる反応がすごく嬉しかったです。おかげでもっと楽しませたくなりました♪
だいだい色や茶色をただ塗るだけでこんなに盛り上がるライブ感がシンプルに楽しい。手にたっぷり絵の具を出したり、絵の具のチューブの裏側をヘラのように使ったり思いつくパフォーマンス全部やってみました。
パフォーマンスに時間を費やして目が出来上がり間を置いて、お客さんに「これで終わりなのかな?」って思ってもらい、最後の仕上げ終了5分前に傘と傘を持つ女性のシルエットを描き、悲しい絵にしたくなかったので目の中の島を白と黄色で塗りつぶして太陽に変えてサインとカタツムリを描いて終了。

決勝戦、
1回戦目は小さな物から描いたので決勝では最初から大きく描くことにしました。ローラーと手を使って夜空を描き始めました。

夜空を描いた後は深い海を描いて絵のベースが出来上がり。北極の小さくなった氷の上にシロクマを描いて、音楽がゆっくりバラードっぽくなったので海に沈んでいく女性を音楽に合わせて描きました。
白い絵の具や割り箸を使ってシロクマと女性を砂時計の形で囲み、氷が溶けて下に垂れている表現にしてみました。
最後の仕上げで悲しい絵にしたくなかったので海の壮大さや自然の強さを表現するために女性をクジラに変えて、夜空に星を書き足してサインを描いて終了。

【反省】
アートバトルのためにちょっといかついキャラで行こうと思ってヒゲを生やして行ったんですが非常にヒゲが邪魔でした。
反省点ヒゲ。

長々とアートバトルのこと書きました。失敗してしまったこと、やりたかったのに忘れてしまったこと、たくさんありましたがこれもライブ!なんでも起こるし思い通りにいかないから楽しいライフ!(ラップみたいw)

改めまして、優勝しました!!もっともっと楽しくより良いものをたくさん作り上げていきます!
企画、運営してくださった方々、お客様方、対戦者の方々、応援してくださった皆さんに感謝してます。

まだまだ細かく話せばもっと考えてたことやライブペイントについてもっと語れます。
またどこか語る機会がありましたらそこで♪

コメントする

読みました! 私はストロークと制作手順、抽象的な状態から、ある時これ描いてたんかー!となる感動をみなさんにお届けしようとしたプランで臨みました^ ^もちろん絵のクオリティも高いものにすべく、それなりの訓練をしました。結果、感動してくださったので、勝敗を別にして、私のポジションでの役目を果たせたと思っています。ひりゅうさんは、会場全体のことまで俯瞰して考えられて、出来ることと出来ないことを見極めながら、丁寧な仕事をされたからこそ、優勝できたのだと思います!本当におめでとうございます!ひりゅうさんが、教えてくれた視点も自分に取り入れて、またどこかでライブで描きたいなーと、思ってます^ ^ またぜひご一緒しましょうね、楽しかったですね!
2018/08/25